• リセット
動画は公開終了しました

iPhone写真撮影はほんの少しの意識で変わる。基礎知識で劇的に美しくなるんです!

◆ 目次

    動画について

    オシャレな写真をスマホで撮影しようと思っても、
    なにかどこかが思っている仕上がりと違う!
    そのような経験はありませんか?

    もしセンスが無いからだと諦めてしまっていたらもったいない!
    ”写真はセンスではなく基礎知識を知っているかどうかで変わる”
    と、この動画のクリエイターさんは仰っています。

    いつも撮影している構図から数ミリカメラを振るだけで
    奥行きがあるプロっぽい写真が撮影できたり、
    スマホを逆さまにして撮影するだけで迫力が変わったりと
    ほんの少しの意識で仕上がりは変わります。

    動画を見てまずは実践して、その仕上がりの違いを体感してみて下さい。

     

    Swamper Rate

    pro(専門)度★★★★☆
    動画クオリティ★★★★★
    聞きやすさ★★★★★
    わかりやすさ★★★★★

    作成日:2022.04.16

    動画タイムライン

    00:00
    オープニング
    iPhoneだけでおしゃれな写真が撮れる7つのテクニックをご紹介
    iPhoneだけでなく全てのスマホユーザーで使える撮影の考え方

    00:36
    【テクニック01】
    ◆グリッド機能 Grid function
    iPhoneの設定から簡単に表示できる
    垂直平行の目安を確認できる
    構図の確認にも使える

    01:44
    【テクニック02】
    ◆露出/焦点ロック AE/AF lock
    露出とピントを固定してくれる
    ピントを合わせたいところで画面を長押しすると使える
    全体にピントが合いがちな場合、ロックを使用して被写体に合わせる

    02:54
    【テクニック03】
    ◆ポートレートモード Portrait mode
    ポートレートモードが実装された機種以降のひとは確実に使ったほうがいい
    近寄らないと反応しない
    一旦被写体に近づいてポートレートモードが反応すれば離れても使用できる
    人だけでなく物を撮影するのにも適している

    04:29
    【テクニック04】
    ◆長時間露光 Long exposure
    人が流れた動きや水が流れた動きの残像写真が撮れる
    芸術的な写真が撮れる
    Live photosで使える
    滝とかの撮影にオススメ

    05:31
    【テクニック05】
    ◆スマホを逆さまにして撮影 Turn the camera upside down
    カメラが上ではなく下にして逆さまに撮影する
    臨場感と奥行きが出る
    [比較写真 通常/逆さま]
    →プロっぽい写真になる

    06:45
    【テクニック06】
    ◆余白を持たせる Leave some space
    スペースが有ることで安定した写真になる
    見ていて自然な写真になる

    07:59
    【テクニック07】
    ◆奥行き&立体感 Depth and 3D look
    [サンプル 写真正面から/奥行き意識]
    →道を奥に写すことで迫力と奥行きが出る
     被写体の後ろの背景を意識する

    09:30
    【まとめ】
    写真はセンスではなく基礎知識を知っているかどうかで変わる

    最新記事