• リセット
動画は公開終了しました

リフレクションを駆使して写真撮影の幅を広げよう!幾何学写真の撮影テク

◆ 目次

    動画について

    東京国際フォーラムに撮影に来た
    ユーチューバーの「ゆ~とび」さん。

    そのまま天井を撮ると普通の写真になってしまいますが、
    リフレクションを駆使することによって
    オリジナリティーのある写真に仕上げています。

    エスカレーターの側面を使ってリフレクション撮影させていますが、
    手すりのラインを垂直にするなど
    構図にもしっかりとこだわりがあり、
    作例は参考になること間違いなし!

    設定も紹介していますので、
    ぜひ参考にしてみてください♪

    Swamper Rate

    pro(専門)度★★★☆☆
    動画クオリティ★★★★☆
    聞きやすさ★★★☆☆
    わかりやすさ★★★★☆

    作成日:2022.05.17

    動画タイムライン

    00:00
    オープニング
    撮影地:東京国際フォーラム

    00:11
    ◆撮影開始

    1枚目はリフレクションさせた写真を撮影りたい

    リフレクションさせられるところを探した結果、
    エスカレーターの側面が銀色になっていてカメラを近づけたらリフレクションできた

    エスカレーターにギリギリまで近づき横構図で撮っていきたい
    左側に天井を入れて、リフレクション部にも天井を入れる
    さらに、側面のアルミの素材感が視線誘導になると思い、少し広角気味で撮る
    リフレクションさせる部分を多めに入れて、左側は1/3ほど

    地面からカメラを水平に構えると、エスカレーター側面の線が斜めになってしまう
    →斜めを直角にしたいので、水平に構えるのは無視

    01:36
    ◆設定
    ・Aモード
    ・白飛び黒つぶれをなるべくしないように露出補正±0
    ・全体的にピントが合うようにF9
    ※F値を小さくしてしまうとリフレクションさせる部分がボケてしまう
    →アルミ素材のラインが消えてしまうと思ったので、F値を大きめにした
    ・ISO感度100にしたら手ブレしそうなSSになってしまうため、ISO200まで上げる

    02:20
    【作例】
    ・左側に天井を入れて、右側をリフレクションで埋めた
    ・一番右に斜めのラインが入って視線誘導できている

    国際フォーラムは三脚禁止のため、全て手持ちで撮影する

    02:44
    ◆先ほどと反対側に移動

    同じエスカレーターがあったため、同じくリフレクションさせた写真を撮っていく
    光の当たり方が変わり、雰囲気も変わる

    縦構図で撮影
    右側に天井を入れて、左はエスカレーターの側面を反射させる

    03:14
    ◆設定
    先ほどと同じ

    【作例】
    ・縦構図
    ・若干光が入る向きが変わっているため、違う雰囲気の写真になっている

    03:37
    ◆場所移動

    縦構図で撮影
    奥にある柱を写真の中央に入るようにして構え、太陽が出てきたため
    天井に光芒を出す

    04:09
    ◆設定
    ・F18にして太陽の光芒を出す

    ◆一度試し撮り
    F値を大きくしすぎると画質が悪くなると言われているが、試しにF18まで上げてみる
    ※そもそもISO感度を1000まで上げてしまっている

    F18まで上げる=絞り羽根が閉じているため光が全然入ってこない
    →SSが遅くなるので、SSを稼ぐためにISO1000まで上げている

    04:44
    ◆撮影

    【作例】
    ・広角で縦構図
    ・太陽がなければ普通の写真だが、太陽があることでアクセントになった

    05:06
    ◆場所移動

    東京国際フォーラム定番の位置から縦構図で撮影する
    ガラスの柵にカメラを近づけるとリフレクションさせることができる

    リフレクションは下に入れて、上に天井を入れて、太陽の光芒をアクセントにする

    05:45
    ◆設定
    ・今回は逆光になっているため、露出補正を+0.7にした
    ・F18
    ・ISO感度は下げてもSSが速くて問題ないISO500

    ※F18にしても画質劣化はよくわからなかった

    06:05
    ◆写真撮影

    【作例】
    ・縦構図(下にリフレクション、上に太陽)

    ♪反射して柱のラインが印象的な写真になっている♪

    06:27
    ◆まとめ

    最新記事