• リセット
動画は公開終了しました

プロカメラマンのカスタム設定Canon EOS R6を撮影仕事で使えるようにする!

◆ 目次

    動画について

    プロカメラマンさんが撮影仕事で使えるようにカスタマイズした設定を紹介している動画です。

    基本設定からボタン・ダイヤルの割り当てなどを紹介しています。
    どう設定したら便利に使えるかなどお話してくれています。

    カメラ上級者さんならカスタマイズは当たり前!と思っている方も多いかもしれませんが、
    初心者さんやCanon EOSシリーズを初めて使う方にはどのボタンに割り当てたら効率化するか?などプロの意見は知りたい所。

    Canon EOS R6を購入して、そのまま使っても撮影効率は上がりません。

    この動画をみて、使いやすい様にカスタマイズしてみませんか?

    Swamper Rate

    商品に関するpro(専門)度★★★★★
    動画クオリティ★★★★☆
    聞きやすさ★★★★☆
    わかりやすさ★★★★☆

    作成日:2021.04.09

    動画タイムライン

    00:00
    オープニング
    【動画趣旨説明】
     ・Canon EOS R6を仕事で使い始めた
     ・実際にどんな形でカスタマイズしているのかを紹介する

    00:17
     ・すでに仕事で使っておりカスタマイズが済んでいるので
      一から紹介するのではなく、実際にカスタマイズした所
      を一緒に見ていただく形で進める

    00:54
    【基本設定:シャッター方式の変更】
     ・デフォルトの『電子シャッター』から『メカシャッター』
      に変更した
     ・動き回っている子どもやダンサーさんなど動きものを撮影
      する際、電子シャッターだと歪みが大きく生じる場合がある
      ため

    01:32
    【基本設定:記録画質の変更】
     ・C-RAWとJPEG S2を残している
     ・RAWとC-RAWと撮り比べてきて、RAWと遜色がないため
     ・JPEGに関しては、お客さんの前でパソコンに映し出して
      見せる機会が多く、有線ではなくWifiで繋いでいる
     ・Wifiで繋いでいる時JPEG画質でやり取りさせており、
      サクサク転送できるようにJPEGSサイズを使っている

    02:58
    【基本設定:ピクチャースタイルの変更】
     ・デフォルトの『オートorスタンダード』から
      『ニュートラル』に変更
     ・ニュートラルで撮影して編集した方がノイズが一番目立ち
      にくいため

    04:07
    【基本設定:ホワイトバランスの変更】
     ・オートホワイトバランスの場合、『雰囲気優先』から
      『ホワイト優先』に変更する
     ・他のCanon EOSシリーズと比べた時に、少し黄色味が強く
      出るため

    04:54
    【基本設定:縦位置横位置AFフレーム設定の変更】
     ・デフォルトの『同じ』から『別々に設定』に変更
     ・『同じ』にした時、オートフォーカスのポイントがズレて
      しまうため

    06:36
    【ボタン・ダイヤルのカスタマイズ:シャッターボタン】
     ・私基本的に親指オートフォーカスを使っている
     ・シャッターボタンはあくまでも切り取るためのもの
      でおり、オートフォーカスの動作をしないようにしている
     ・ボタン・ダイヤルのカスタマイズ画面の案内
     ・デフォルトの『測光・AF開始』から『測光開始』に変更

    08:01
    【ボタン・ダイヤルのカスタマイズ:AFフレームボタン】
     ・ISOの設定を簡単に切り替える所がない
     ・AFフレームボタンにISO変更を割り当てている
     ・ISO感度設定(押しながらダイヤル)に設定している
     ・ISO変更の煩わしさを解消できる

    09:55
    【ボタン・ダイヤルのカスタマイズ:コントロールリング】
     ・コントロールリングに露出補正を割り当てている
     ・EFレンズをRシステムで使う時はアダプターを入れる
     ・そのアダプターにコントロールリングがついているタイプの
      ものを選ぶと露出補正が変更出来るようになる

    10:54
    【ボタン・ダイヤルのカスタマイズ:AF-ONボタン】
     ・AF-ONボタンに瞳AFON機能を割り当てている

    【ボタン・ダイヤルのカスタマイズ:米ボタン】
     ・米ボタンに通常のAF-ONを割り当てている
     ・Canon EOS R6は瞳AFが非常に優れているのでデフォルトで
      使った方が良い

    11:38
    【ボタン・ダイヤルのカスタマイズ:絞り込みボタン】
     ・AF-C瞳AFの時はAIサーボが使いやすく、オートフォーカス
      の時はワンショットAF-Sが使いやすい
     ・絞り込みボタンにAF-S、AF-C切り替えを割り当てている
     ・被写体に応じて瞬時にオートフォーカスのやり方を切り
      替えるような形にしている

    12:47
    【ボタン・ダイヤルのカスタマイズ:SETボタン】
     ・SETボタンに静止画クロップを割り当てている
     ・フルフレームとAPS-C用の1.6倍を一気に切り替えられる
     ・レンズの持っていく本数を減らせるところがあるので
      Canon EOS R6からクロップを多用している

    14:03
    【ファインダーやモニターの見え方について】
     ・撮影情報表示設定で変更

     <モニター情報表示カスタマイズ>
      *1、5のみ表示に設定
      *1の画面では『カメラの設定情報』『水準器』のみ表示

     <ファインダー情報表示カスタマイズ>
      *3のみ表示に設定
      *3の画面では『水準器』のみ表示

     ・9分割のグリッドの表示の有無について
     ・カメラマンの方が撮りやすいように必要な情報を
      カスタマイズすれば良い

    15:39
    【マイメニューの表示について】
     ・マイメニューに撮影時に良く使うものを並べる
     ・マイメニュー→メニュー表示→マイメニュータブから表示
      に変更している
     ・この設定をすることで、メニューボタンを押すと必ずマイ
      メニューの画面から始まるようになる
     ・撮影の速度を速めるのに非常に有効で、撮影効率も上がる

    17:26
    【まとめ】
     ・Canon EOS R6の今使っている状態の設定を紹介した
     ・今後ファームウェアの変更によって内容が変わってくる
      場合もある
     ・設定の参考の足しにしていただけたらと思う

    最新記事