• リセット
動画は公開終了しました

<プロvsアマ>ひまわりの撮影♪感性の違う2人が撮り比べ!

◆ 目次

    動画について

    ひまわりの写真撮影のポイントを解説してくれる動画です。

    プロカメラマンのりょうさんとアマチュアのかずさんが
    ひまわりの写真の撮影対決をします!

    あえてエントリー機で撮影し、ここまで撮れる!ということをことを教えてくれるので、お手持ちのカメラでも真似できちゃいます♪

    ひまわりの写真撮影する時の時間帯や、光の向き、角度も教えてくれるので
    とてもわかりやすいです◎

    花の写真撮影をしている人は、真夏にひまわりを上手に撮ってみませんか?

    Swamper Rate

    pro(専門)度★★★☆☆
    動画クオリティ★★★★☆
    聞きやすさ★★★★☆
    わかりやすさ★★★★★

    作成日:2022.06.21

    動画タイムライン

    00:00
    オープニング

    自己紹介

    00:08
    ◆プロvsアマ 撮影対決~ひまわり編~
    プロ:りょうさん
    アマ:かずさん

    ◎カメラ:Nikon D5500
    ◎レンズ:18-55mm

    あえてカメラはエントリーモデルでどのくらい撮れるか試す

    00:55
    ◎ルール
    ・10分交代
    ・なるべく違う雰囲気で撮影
    ・お互い5枚ベストを選ぶ
    ・撮影モードは自由
    ・Raw+Jpegで撮影
    ・現像なしのJpegを比べる

    01:50
    ◆りょうさん撮影

    よく見ると萎れているもの、葉っぱが枯れているもの、つぼみがある
    →コンディションのいいものを探す

    ・天気は晴れ
    ・セミの声がすごい→夏
    ・青空も入れたら夏っぽくなる
    ・太陽は真上

    03:30
    ◎反省点
    ひまわりは太陽に向かって咲く
    →見極めて撮らないと向きが悪かったりする
    どこから見たら一番いいのか観察をする

    04:15
    ◆かずさん撮影

    ◎反省点
    ・あまり良いのが撮れない
    ・暑いので集中力がなくなる

    05:44
    ◆りょうさん作品

    ◎写真紹介

    1.青空の写真
    55mm ISO感度:100 F値:5.6 シャッタースピード:1/200

    2.1本メインのひまわりと全体
    20mm ISO感度:100 F値:5.6 シャッタースピード:1/500

    3.ひまわりどアップ
    55mm ISO感度:100 F値:5.6 シャッタースピード:1/200

    4.ひまわりを下から撮影し背景が青空
    55mm ISO感度:100 F値:5.6 シャッタースピード:1/200

    5.ひまわりを横から撮影
    55mm ISO感度:100 F値:5.6 シャッタースピード:1/800

    06:04
    ◎写真解説
    ・1枚目と3枚目は空だけアウトフォーカスさせた花の色だけ
    →他の写真と並べたときに印象が単調にならない

    ・他の3枚はなるべく背景の雰囲気が変わるように意識

    ◎反省点
    ・もう少し花がたくさんある感じの構図も入れたかった

    06:45
    ◆かずさん作品

    ◎写真紹介

    1.下を向いたひまわり
    55mm ISO感度:100 F値:7.1 シャッタースピード:1/200

    2.青空バックのひまわり
    34mmISO感度:100 F値:9.0 シャッタースピード:1/320

    3.1本メインのひまわりと全体
    35mm ISO感度:100 F値:8.0 シャッタースピード:1/250

    4.青空バックの1本のひまわり
    55mm ISO感度:100 F値:9.0 シャッタースピード:1/320

    5.青空バックの1本メインのひまわりと全体
    55mm ISO感度:100 F値:5.6 シャッタースピード:1/200

    07:06
    ◎写真解説
    ・2枚目と4枚目がいい感じ
    ・2枚目は虫が止まっているのが面白い
    ・4枚目は順光で撮れている
    ・花の色が鮮やかに出て青空とのコントラストがきれい
    ・3枚目と5枚目は少し似ていて残念

    ◎反省
    ・集中力が切れてしまったのでしょうがない

    07:40
    ◆ひまわりの写真撮影のポイント

    ①時間帯:早めの時間帯がおすすめ
    ②光・順行で撮る方が色が鮮やか
    ③高さ:カメラを構える角度によって背景をグリーンにしたり空にできる
    色々と試してみましょう

    08:15
    エンディング

    最新記事